FX兼業トレーダーのトレード手法の種類を考えてみるの巻






2016年09月12日(Mon)
FX兼業トレーダーのトレード手法の種類を考えてみるの巻
兼業でFXをされている方の割合の方がもちろん多いと存じますが、FX兼業トレーダーの場合利益獲得に「スキャルピング」と「デイトレ」どちらを選ぶ?本音て考えてみた次第。

個人の方がFXをやりたい手法選ぶのがやはり、スキャルピングが最も多いのでは無いかと想像する次第ですが、自分も最近ではスキャルピングを再度見直して、新しいFX教材の、秒速スキャルFX検証も約1ヶ月ほど続けております。


個人的には誰でも当てはまりそうなトレードロジックというのは実はないのでは無いかと感じており、トレードロジックの理屈はわかっていたとしても、実際の価格が動いているリアルなチャートを見ていて、そのロジックを実行できるかどうかは、性格的なものもあると存じます。

FX専業志向ならFXライントレード・マスタースクール「レイヤートレード」で!相場のテクニカル整理とトレード判断する方法については、自分が最も推奨するFX教材の勉強方法の1つでして、これはロジックと同時に、チャートの見方分析方法などのスキルを身につけて、 FXで利益を上げ続けようという狙いのものでございます。


実際に、自分自身もFXライントレード・マスタースクール検証は非常に長く続けておりますが、実戦トレードで自分のそれまでの得意とするロジックの1つだった、恋スキャFXの勝率を高めるのに役立ったという実感のあるものでございます。


さて、

先ほどの人気のスキャルピングのはなしに戻しまして、秒速スキャルFXのほうは、とにかく短くトレードを完了させるというトレード手法をもちろんのこと、

会社にしながらとか、主婦の方が作業している間にと言うイメージで、何かをしている間にポジションを長くずっとホールドしてますと、通常は精神的に気になって仕方がないという方の方がきっと多いはずです。

その辺も考慮され、短いポジションをホールドで決済してしまうという精神的ストレスや、リスクの時間の短さというのも重要なのかもしれません。




秒速スキャルFX公式販売サイトを見てみる



兼業でFXをやること自体は、固定収入があるということでリスクヘッジがされているため、精神的には専業トレーダーよりも少し安定した状態で程度ができるというメリットもおそらくあるのではないかと思いますが、

ずっとチャートを眺めていることもできないというデメリットがあるため、新しく発売された秒速スキャルFXが支持されているのかなと考えています。










   


buchujpの自由文言1


buchujpの自由文言2

カレンダ
2016年9月
       
12
 

アーカイブ
2009年 (10)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2010年 (2)
2月 (1)
4月 (1)
2011年 (4)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
10月 (1)
2012年 (15)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (5)
5月 (1)
6月 (2)
7月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2013年 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (13)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
2015年 (21)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2016年 (20)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2017年 (11)
1月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:206
昨日:8
累計:192,959