国際結婚のオモシロ生活 - 2014/05

buchujpについて




2014年05月25日(Sun)▲ページの先頭へ
FXの勉強やりなおしの巻
今年の5月相場はいつもの5月の相場とはまた違った印象を受けている所でして、よく米国の格言で5月に逃げろとか、アノマリー的なことを引き合いに出されますが、

確かに根拠がないというほどでもなくて、根拠といえば、例えば株式相場を動かすのはやはりヘッジファンドだと思いますので、 12月決算や6月の半期決算の為、決済をして利益確定するということもあると思いますし、

日本の株式市場では東京市場で、日経平均も1時急騰しその後急落しましたが相変わらず為替のほうも不安定という印象でございます。


チャートを見て完全に裁量判断でトレードするトレーダー様におかれましては、状況に応じて対応するトレードされてるかと存じますが、

ロジック等を条件合致そしてトレードするシステムトレーダー、特に個人トレーダー様が多いと存じますが、なかなかチャートにテクニカルが効いていない、ロジックが機能しない場面もだましという現象として損失につながる場面もあったりなど、不安定さを感じ得おられるトレーダー様も多いかと思います。


テクニカル分析抜きましては、いつもチャートにテクニカルが機能している場面ばかりかというと、そんなこともなくて、


今はテクニカルが効いているけどこの先はわからないという確かな動きをしてることも事実でございます。



今年こそ本格的に裁量判断勉強をしようと考えてるトレーダー様もタイミングで増えるのでは無いでしょうか、



ロジックもテクニカル分析の裁量判断力など勉強ができるトレンドハンターFX関野式のFX教材が支持されている模様ですが、上記のような理由からFX初心者を中心に支持されているのでは無いかと想像してる所でございます。


トレンドハンターFX (トレハンFX)関野式のロジック構造で鉄板トレード場所の検証実践されているトレーダー様のこと存じますが、私も試してみてこの方法は非常に王道的な基本的な方法でございますが、ただローソク足と代表的なテクニカル指標組み合わせたエントリー場所を決めるルールが単純明快なことから、 FX初心者も迷うすることがないという良い面が見えてきます。



このほかFXを始めるにあたって最適な勉強方法やFX教材として、FXをはじめたら最初に勉強するベストな無料FX講座で知識を広げるという選択もよろしいのではないかと思う次第でございます。



FXの基礎勉強はいつから始めても遅くはありませんので、私もこの際勉強のやり直しをやってみたいと思ったところでございます。




2014年05月10日(Sat)▲ページの先頭へ
FXのだましはブレイクアウトするまでの形状である程度判断できるか
FXをやっています、初心者でもベテランのかトレーダーでも必ずだましは発生して不用意な損切りに会う事は100%避けてトレードするという事は不可能でございますが、

そもそも、だましにあったと表現する場面ではほとんどの場合は順張りのトレードで、ブレイクアウトを狙っていたというケースが多いのではないかと存じます。

こんな場合では逆張りトレードではだましはそのまま利益につながりますし、こだましこそ逆張りのトレーダーにとってうまみだと思いますが、

考えてみますと、ブレイクアウトの手法にしても、その場面までのプロセスでどのような値動きをしたかで、ある程度だましは回避できるのではないかと思うことも多々あります。

例えば、チャートフォーメーションがテクニカル的にチャート形状の中で見られ機能していると思われるようなケースです。


私の尊敬するマエストロFXの佐野裕講師の裁量判断勉強方法ではローソク足形状やチャートフォーメーションも重視した信頼性のおけるものを集めた判断方法を勉強教材の中に多く取り入れており、

たとえFX初心者トレーダーでも相場を攻略する方法でマエストロFX裁量判断検証実践では、勝率の期待できリスクは避けるということがチャート形状から読みとるということも可能になってくるのでは無いかと思うところです。


なので、例えばFX初心者ならTURBO FXチャートてテクニカル分析と矢印サインで勝率を手っ取り早くアップさせながら裁量勉強を継続的に行うというのも最近の潮流になっているような気がします。


TURBO FX(ターボFX)の勝率を即シンプルに向上させる検証トレード事例



なるべく楽をしてなるべくなら早くFXで利益をあげたいと言う気持ちは当然のことでございますし、そのようなニーズに応えるFX教材もどんどんでてきているという感じもしますね。



この際代表的なチャートフォーメーションを片っ端から覚えて、勉強してみるというのも実践のトレードで長く役に立ち続ける知識的な武器を持つという点でおすすめという気がいたします。



私も過去チャートなどを一生懸命検証しながらチャートパターンについてさらに研究してまいたいと思っている所です。




   


buchujpの自由文言1


buchujpの自由文言2

カレンダ
2014年5月
       

アーカイブ
2009年 (10)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2010年 (2)
2月 (1)
4月 (1)
2011年 (4)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
10月 (1)
2012年 (15)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (5)
5月 (1)
6月 (2)
7月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2013年 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (13)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
2015年 (21)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2016年 (20)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2017年 (11)
1月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:762
昨日:969
累計:191,196