国際結婚のオモシロ生活 - 2016/03

buchujpについて




2016年03月19日(Sat)▲ページの先頭へ
FXのロジックよりもこれが大事かなと
FXのロジックをこれまで販売されているものだけでも60個以上も検証しながら、使えるものは自分のトレード手法の中に加えるという作業を6年ほどやって参りましたが、

最近非常に思う事は、 FXのロジックよりもむしろトレーダーの精神的な部分の方がよほどFXで利益を上げるために重要なのかなと言う気がしてる所でございます。

それだけだと抽象的な話になってしまいますが、

どのトレードロジックにでも利益を狙える適正な相場状況というのがあると存じますが、例えば逆張りや順張り、スキャルピングのスケール感での細かく利益をとる手法や、スイング的に大きな波動を利益にする手法など、

いくら勉強しても、勉強したFX手法やロジック、ルールを日頃のトレードで自分の心の中でしっかり守って、そしてじっくりと本当のチャンスのところまで待つことができるのかというところがもしかしたら重要なのかなと感じる次第で、


自分自身のトレードを毎週紙に印刷して自分の実践結果について紙ベースで検証しておりますが、

「トレードチャンスを待つFX」で勝つ!メンタルを鍛える負けない根拠集めと恋スキャFXとレイヤーのロジック検証でも、


結局は自分のルール以外のトレードやってしまったときには適当な雑なトレードになってしまい収支を悪くしてしまうという結果になりがちなのではという感じがいたします。



また、雑なトレードをしているうちにFXはやはりエントリーしていなくちゃ利益が増えないのではという錯覚に陥ることもあり、

もっと悪くすると、雑なトレードの時にエントリーのロットを安易に増やしてしまうということが重なってしまうと、時に致命的な損失につながりかねないということも、

FX専業トレーダー生活心理「恐怖はトレードをおかしくする」の巻で以前の自分のだらしないトレードを振り返ってみてレビューしてみています。



現在のトレード手法は、
相変わらずFXを始めたときから使い続けている「恋スキャFX 」がロジックとしてはメインで圧倒的な頻度でございますが、


チャートを判断するという最も基本的な裁量勉強に使った「FXライントレードマスタースクール」がどのロジックだろうと本当の意味で自分のスタイルのトレードチャンスのところまで待つということを制御している土台になっているのかなと感じます。



FX教材のトレード手法でトレンドの方向分かる?トレンドの転換か「ライマスと恋スキャFX」と平均足トレードで利益に換えていくの巻




よくプロトレーダーや有名トレーダーが「移動平均線だけでも勝てる」という話をしていますが、もしかすると現在の自分の感じていることはそこなのかとも思います。




そういても自分も全くわからない相場の方が多いわけで、そんな読めない相場は最初から無理して読まないという鉄則は守ってますが、それでもスキャルピングトレードで利益を抜くことができるのでは無いかと考えられる部分は、

自分はそもそもスキャルピングが正確に向かないため、こっそり4DFX検証で自分が使いやすいFXチャートシステムと感じているため、このなFXツールを使うこともあります。

今なのだ精神的にも技術的にも半人前な状況ですね。







2016年03月04日(Fri)▲ページの先頭へ
FXツールも使い方次第「 4DFXチャート 」を試してみる
FXツールも本当に使い方次第だと感じますが、面白いことに、同じFXツールでトレードをしてみてもまったく同じ結果にならないことが多いのはとても不思議な感じがいたしますが、

いくつかの理由のうちおそらく多いのは、チャートを見ていてシグナル通りにエントリーできたとしても、決済の場面で失敗するというパターンが多いのでは無いかと思います。

次に、ローソク足の勢い良く動く場面が目の前でアクションしますと、つい勢いでエントリーししまうという、いわゆるルールを守れないトレードをやってしまうケースで、大きな損失を出してしまうというパターン。

これらのFX初心者にありがちな、トレードの失敗パターンをかなり抑制できるのが「 酒巻式4DFXチャート」という感じがいたしますた。


勝てる確率の高いところ、トレードをしても勝率も利幅も期待できないところという風に、ボラティリティーの高さで測るという仕組みも組み込まれているため、

さらにバツイチの低いところではトレードをするさせるサインが表示され続けているため、勢い任せてトレードししまう、
FXのポジポジ病を克服できる「4DFX」酒巻式チャートという印象です。




一見すると4DFXチャートは複雑そうなビジュアルに見えるかもしれませんが、実は非常に単純化された値動きのグラフという見方もできて、おそらくFX初心者様の方が早く4DFXチャートのインジケーター類に目が慣れるのでは無いかと思います。

その4DFX酒巻式チャートの内容についてはこちらです

酒巻式「4DFX」チャート検証実践で価値評価をズバリ!動画レビューしました




まさにこれぞシステムという感じがいたしますが、自分も、今までやりたかった超短期売買は裁量ではなかなか勝ったり負けたりで安定しなかったという状況でしたが、 4DFX酒巻式の特徴であるエントリタイミングの良さと、エントリー出さないシグナルというのは自分の性格にも非常によろしのでは無いかと実感している次第。




4DFX -錬金スキャルロジック-(公式サイト)



日頃のトレードはスキャルピングよりも短いデイトレードが圧倒的に多い自分でございますが、その時の実践はチャートもかなりチャートをカスタムしたものを使っていまして、

平均足トレード手法の定番ルールとデイトレMAX合体アレンジでもっと検証しながら自分の1つのスタイルになってきたという感じです。



ですので、いろいろとカスタムしたチャートやロジックは埋め込まれていて条件適合でシグナルを出すようなギミックのチャートシステムには非常に日ごろから関心がありまして、

人気のロジックチャートのパラトレFXもそうですし、裁量と合わせて使うと効果抜群のドラストFXも非常に高い評価をしている所です。

4DFXにもぜひ期待してみたいと思っているこの頃でございます。










   


buchujpの自由文言1


buchujpの自由文言2

カレンダ
2016年3月
   
   

アーカイブ
2009年 (10)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2010年 (2)
2月 (1)
4月 (1)
2011年 (4)
1月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
10月 (1)
2012年 (15)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (5)
5月 (1)
6月 (2)
7月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
2013年 (3)
11月 (2)
12月 (1)
2014年 (13)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
2015年 (21)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (2)
2016年 (20)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2017年 (11)
1月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:762
昨日:969
累計:191,196